車両管理

車両管理のイロハ

業務上で車両を使う機会も多いですが、一台や二台ならリースをしていても管理は難しくないでしょう。

けれども、用途に応じていろんな会社で車両のリースを行っていると、段々と管理も煩雑化してきて自分たちの購入したもの、リースやそれ以外の車両など、どれがどうだか分からなくなってくることもよくあります。

車両管理もきちんと行うためには、台数が増えてきたらその分だけ人員を割き、管理台帳なども作り、コストがかかっていきます。それでも問題ないと思えるのであればいいのですが、長期になってくるとそれでも管理ができなくなってくることもあります。上手に管理をしていきたい、コスト削減も目指しているのであれば、管理をアウトソーシングするという手段もあります。

車両管理を一元化、まとめるようにすることで管理する窓口も固定化されるので、その分管理の手間がぐっと減ります。どのような車両を手配しているのか、リース契約の満期の管理やメンテナンスなどいろんな業務をまとめるだけでも効率化を図ることが可能です。利用する会社によっては仔細にいろんなデータなどを作ったりしてくれますので、どこまで管理に対して求めるのか、じっくりとそれぞれの会社を比較して利用してみて下さい。

車両をたくさん使うような業務だと、本当に管理するだけでも手一杯になってしまうことがよくあります。きちんと管理をしておかないと、トラブルが発生した時にも対応が遅れたり、時には自社で費用を負担するなど、重くのしかかってくる事も考えられます。自分たちでできる範囲であれば自社で行ってもいいかもしれませんが、管理する台数と作業する人員などのバランスが取れないと思ったら無理をせずに車両管理のプロを利用してみて下さい。

一見コストがかかりそうな気もするのですが、上手く運用してもらう事で自分たちの負担していたコストが減る事もありますし、より業務もスムーズに行えるようになっていきます。