健康診断

企業が行う健康診断はBPOで代行

Pocket

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、

企業が特定のある業務を自社でまかなうのではなく、外部の専門業者に委託すること

を指します。

BPOでは、総務や人事、経理に関連する給与計算、データ処理などの業務を外部専門業者に委託するケースが多くみられます。これらの業務をBPOで処理することによって、

業務の効率化

自社業務の整理および明確化

コスト削減

などさまざまなメリットが得られるのです。

たとえば、企業に所属する従業員の士気を高めるために必要なものの1つは、福利厚生の充実です。

福利厚生は、健康保険雇用保険退職金制度など多岐に渡ります。

しかし、これら福利厚生を充実させると企業の経費が多くかかり、各申請書の作成および承認といった一連の手順などに多くの時間を費やさなければいけません。

そのため、福利厚生をBPOで処理することによって、手間のかかる福利厚生の一連の業務を外部に任せて、企業は他の業務に集中することができるのです。

福利厚生のなかで重要なものに、従業員に行う健康診断があります。

労働安全衛生法で実施が義務付けられている定期健診は、従業員の健康管理の基本とも言えるものです。

しかし、企業が自身で健康診断を行うには、そのための施設や設備、人員を用意する必要があります。そして、医療機関の選択および健康診断を行った際の医療機関への支払い、診断結果内容の管理および機密保持、診断結果の通知も行わなくてはなりません。

また、健康診断を受けていない従業員には受診の推進も行う必要があり、受信者・未受診者のチェックなど、1つの企業が行うには多くの手間がかかり、それでも、従業員の健康を守るためには定期的に行わなければならないものが健康診断なのです。

しかし、BPOを導入することによって、健康診断の手間のかかる一連の手順は企業が受け持つ必要はなくなります。

専門的な業者が健康診断を担当すればその内容が充実し、それにより健康診断の受診者の増加も見込めます。また、支社や支店の従業員など多くの人がまとめて受診することによってさらに受診者は増加し、健康診断にかかるコスト低下、健康診断の各担当者の業務負担、診断の効率化、スピードアップなどが実現できるでしょう。

また、未受診者に対しては医療機関の紹介などのフォローができます。そして、診断業務の充実、および受診率が高くなれば従業員の入院や手術などの事前防止といった数々のメリットがあるのです。

健康診断にBPOを導入することによって、導入前よりも業務の効率化、コスト削減が予想でき、企業にとっては多大なメリットが見込めるでしょう。