福利厚生

福利厚生の義務と充実

Pocket

社会保険などの福利厚生は、国から定められている制度で、特に労災保険は会社が全額負担で加入しておかなければならない保険です。その他の健康保険や厚生年金保険、40歳を超えた従業員がいる場合には介護保険料などの保険料についても会社は半額を負担する義務があります。

これが基本的な福利厚生で、就職活動で会社を調べる時には必ず確認しておくとよいでしょう。特に近年では不況を理由に社会保険に加入していないという会社もあります。社会保険は従業員の生活を守るために必要な制度ですから、必ず加入しなければなりません。しっかりとあるかどうかは最初に確認しましょう。

この他にも会社によっては独自の福利厚生を実施しているところが多くあります。
ほとんどの会社である福利厚生としては、交通費の支給ではないでしょうか。交通費が出るのは当たり前だと思う人もいるかもしれませんが、実はこれは会社が従業員のためにわざわざ制度を作って支給してくれるもので福利厚生の一種になります。
同様に住宅手当や家賃の補助、家族手当などといった手当もこれにあたります。
また従業員の健康を維持を目的として、健康診断や人間ドックにかかる費用を補助してくれる制度があったり、社員食堂なども福利厚生の一種です。

こういった制度の他にも育児休暇であったり介護費用の補助、宿泊施設の割引などといった会社独自の福利厚生を行っているところも多くあります。

福利厚生の充実は、働く人にとって働きやすい環境とモチベーションの維持に役立ち仕事の効率化などにもつながっていく大切な制度です。給料や労働時間などだけではなく従業員が気持ちよく働くことができる環境をつくるということも会社にとっては大きな課題の一つです。なぜなら働きやすいということは従業員もいつく可能性が高いということでもあり、働く意欲が高ければ会社の業績もアップしていくということが考えられるからです。
働く側もどのような制度があるのかしっかりと把握しておくとよいでしょう。