福利厚生

福利厚生もさまざま

福利厚生というのは会社が従業員に対して安心して働けるようにいろいろと便宜を図ってくれる制度のことで、これが充実していると働く意欲もでてきますし、働きやすい環境の企業だともいえるものです。

福利厚生は大きく分けると国が定めている法的根拠のある制度と、各企業が独自に決めているものに分けることができます。

国が決めている物の大きな制度では、社会保険料の負担というものがあります。
社会保険というのは健康保険をはじめとして、雇用保険や労災保険、厚生年金保険などのことで、労災保険は全額を会社側が負担することが決められていますし、その他の保険も半額は会社が負担するようにと法律で決められています。

もしも働いている会社がこれらの保険に加入していないのであれば法律違反になりますし、もしも何かあったときに何も補償を受けることができないといったことになりかねませんので、加入していることを一度は確認しておくとよいでしょう。

法律で決められている福利厚生の他に会社が独自に実施しているものも多くあります。
例えば住宅手当や家賃の補助であったり交通費の支給など働くために必要な環境を整えるためのお金を出してくれるという会社も多いのではないでしょうか。

その他にも家族がいる社員に対しては家族手当や健康診断にかかる費用を負担してくれるといった福利厚生もあります。

近年では会社によっては様々なタイプの福利厚生を実施しているところが増えてきています。
働きやすい環境を作ってくれるのが福利厚生ですから、就職活動をする時には給料面や休日などだけでなく、どのような福利厚生があり働きやすい環境を作ってくれているのかなども確認してみるとよいのではないでしょうか。
どのような制度があるのかを知ることによって、その会社が従業員に対してどのように接しているのかが仕事を探している段階でわかるかもしれません。