福利厚生

福利厚生BPOのメリット

従業員が仕事に前向きになったり、やる気や意欲が出たり、会社に対して魅力を感じたりするには福利厚生が充実しているかが大切なポイントとなります。

福利厚生は法定福利費と法定外福利に分かれ、法定福利は法律で決められている健康保険や雇用保険、児童手当拠出金といったものを指し、法定外は会社側が任意に支出するものとなっています。任意ではありますが、多くの会社が取り入れているのは住宅手当や健康保険組合への補助金、給食補助費、制服の支給や貸与、託児施設などの経費、慶弔費、レクリエーション費、退職金、健康診断、通勤手当などがあげられます。

これらの福利厚生を充実させると従業員の士気は高まりますが、会社の経費が多くかかり、経営を行う上で足かせになってしまうこともあります。福利厚生を利用するには、施設を揃える、サービスの提供のための申請書作成、承認といった手順を踏む必要があり、時間のロスも起こります。そのため福利厚生をアウトソーシングサービスにお願いすることで、作業を外注化することができ、より他の仕事に集中することができます。

アウトソーシング会社では、電話での対応が主でしたが、近年ではインターネットを用いモバイル機器からも受付などを行うサービスを展開しています。

会社側としては、コストの管理ができる、経営を効率化することができる、社内での手間がかからない、大手のアウトソーシング会社では取り入れている企業が多いためメニューが豊富となり、低価格なサービスを受けることができる、従業員の月の会費があまりかからない、従業員への福利厚生の提供をアウトソーシング会社が行うことができ、提供だけでなく廃止もできる、福利厚生の窓口が会社内にないため従業員が気軽にサービスを利用することができるといったメリットがあります。

また、多数の企業にとって、レクリエーションなどの施設を整えることができないためアウトソーシングを利用すると経費の削減になります。